メディカルハーブコーディネーターとバドたんのハーブケア

昨日は昨年受けたメディカルハーブ検定の資格認定のための研修会に参加しました。
2時間ほどの研修でしたが、これを受けたことによりメディカルハーブコーディネーターとして認定されるそうです。

今月末~来月頭にかけて認定証が届くんだってー。

ちなみにメディカルハーブコーディネーターというのは

「メディカルハーブを楽しむために必要な最低限の知識として、15種類のメディカルハーブの安全性、有用性、様々な使い方を理解し、広めることのできる専門家です。ご自分の美容と健康のためだけでなく、家族や友人と楽しむための知識として、あるいはハーブショップ、アロマテラピーサロン、エステサロンなどで、メディカルハーブの楽しみ方をアドバイスすることができます。」

・・・ということです。
セミプロみたいなもんか?
まっ、そっち方面で働く予定は今のとこないから関係ないんだけどね。

これからもっと勉強してどんどん実践していかないとねー。

・・・ということで、バドたんのケアにもハーブを取り入れております。

バドたんはフィラリア中程度陽性で、軽度の心肥大と肺水腫を起こしています。
我が家に来た当初から咳が出ており、このまま咳が増えるようなら投薬管理が必要と言われていました。

当時、疥癬のため殺ダニ剤を用いた治療をしていたので、これ以上バドの体に負担をかけたくなかったのと、
ホリスティックケアカウンセラーの勉強でハーブに利尿作用があるものが多いことも知っていたので、
しばらくハーブでケアをしてみたいと獣医さんにお願いしたのでした。

b0003270_1854588.jpg
そんなわけで、現在バドのために主に使用しているハーブ類は3種類。
1.ヒルトンハーブ ソリューション ベテラン
2.ペットのための栄養補助食ハーブパウダー
1と2を月~金までの毎食時に1週間毎に交互に使用しています。
咳がちょっと増えているなぁと言う時はダンデライオンの葉を挽いたものを少し追加します。


これのおかげなのか?たまたまなのかはわかりませんが、我が家に来た当初よりは発咳は減っているように思います。
ゼロではないのが悲しいですが。。。(T-T )

今まで利尿剤(ホメオパシーだけれども)に頼る事態になったのは、ホメオパシー治療を始めてすぐの好転反応の時と、フライボールイベント&小金井フリマで2日間吠え続けた後の2回だけです。





b0003270_18591659.jpg
ハーブケアはもちろん自主的にやっていることなので、里親になっていただく方に継続を強制するものではありません。
ただ、日常的に投薬管理が必要なよりはご縁が近づくかもしれないもんね。(;^_^A

ちなみに現在、バドたんに必要な投薬はアカラスのレメディー(もうすぐ終わると思うんだけど)と
1.5カ月に1回のフィラリア治療薬です。

バドたんが我が家に来て10ヶ月。
そろそろ赤い糸が見つかるといいんだけどなー。
でも見つかったらきっと大泣きするんだろうなー。
ワタシ。( ̄ー ̄;)ゞ
[PR]
by knighthime1 | 2008-01-21 19:04 | バド

我が家のWANS&保護犬「バド」とのドタバタ生活日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31