マッサージオイル

昨日に引き続きアロマネタです。
やっぱりカモミールを無駄にするのはもったいないなぁと思って。

今日は簡単なマッサージオイルです。

キャリアオイル(ベースオイル)に対して精油の量を1%以下の濃度にします。
多くの精油ボトルでは一滴0.05mlです。
なので、30cc(大さじ2杯)に対する精油の量は6滴となります。
これを1種類~数種類ブレンドします。

キャリアオイルにはホホバオイルやスイートアーモンド、オリーブ、グレープシードオイルなどがあります。植物から生成されています。
キャリアオイルは鉱物油であるベビーオイル等と違い肌の中に浸透していきます。
ベビーオイルは肌の水分が蒸発しないように蓋をしてくれますが、浸透はしません。
(精油を混ぜずにキャリアオイルのみでマッサージしてもOKです)

カモミールは肉球クリームにもあるように
消炎作用があり、アレルギー性皮膚炎などに良いとされています。
そして肌の弾力性を高め、保湿作用があります。

またこれからの季節は足がむくんだりすることが増えるかと思いますが、
そんな時はジュニパーやサイプレスが良いとされます。
ちなみにジュニパーはお酒のジンの原料です。
においを嗅ぐとそんな香りがしますよ~。(o^ ^o)

筋肉の痛みにはローズマリーやバジルが良いそうです。

b0003270_22493146.jpg

お風呂の最後にマッサージオイルを塗ってからあがると、これからのカサカサ肌にも良いですよ~!
[PR]
by knighthime1 | 2004-11-10 22:51 | natural

我が家のWANS&保護犬「バド」とのドタバタ生活日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30