我が家のWANS&保護犬「バド」とのドタバタ生活日記


by knighthime1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ワンご飯の勉強( 8 )

ワンご飯のサポート

今日はワンご飯を作る時のお助け材料を・・・

左からケーナインヘルスオメガペット(オイル)エンザイム(消化酵素)です。

b0003270_22104667.jpg



ケーナインヘルスはオーガニック穀物、多くの野菜やハーブが乾燥された状態で混ざっており、8分間煮るだけで与えることができます。
野菜のストックが少ない時や、グロッキーな時にはすごく便利です。
期限は開封後2ヶ月なので、我が家ではこのサイズが便利です。

オメガペット(オイル)は今回始めて購入してみました。
有機ハイオレフリンひまわり油、有機亜麻仁油、たらの肝油、かぼちゃの種、油、ローズマリー、有機亜麻仁の植物繊維が入っているそうです。

オイルにはワンコ、ニャンコにとって重要な役割を果たすオメガ6やオメガ3などの不飽和脂肪酸が含まれています。
オメガ6は、新陳代謝を活発にする成分が産生するため、新しい皮膚をつくるのに役立ち、
オメガ3脂肪酸は、炎症を抑制する成分が産生するため、皮膚にしっとりとした落ち着きを与えるのに役立つということです。
免疫力を高めるという話も・・・

アレルギーを持つワンコにとっては特に重要な食品です。
でも、カロリーが高いから(1ccにつき9kcal)あげすぎには注意!!!

味のほうは、、、
かなりクセあり!
たらの肝油のせいか、「フィッシュ!」って感じでした。( ̄ー ̄;)ゞ
でもWANSは気にせず食べてましたよ。

最後はエンザイム(消化酵素)
ナイトは昔からお腹が弱くて、手作りご飯にしてからはだいぶ良くなったのですが、
それでも季節の変わり目にはPPになっていました。
コレをあげるようになってから数ヶ月経ちましたが、まだ一度もPPになっていません。
毎年秋から冬にかけては大変なことになっていたのですが、昨年は大丈夫でした。

消化酵素ってナイトにとっては結構重要かも。。。
もちろんドッグフードに振り掛けることによっても十分効果が見込めると思います。
ドッグフードは加熱して作られているので酵素が失活しているからです。

最近は手作りを薦める獣医さんも増えてきたと聞きます。
フードにしても、こういった手作りサポート品にしても、良いものがどんどん増えるとありがたいですね!

b0003270_2247279.jpg
おかーちゃん。
何やってんの~???
[PR]
by knighthime1 | 2006-01-26 22:48 | ワンご飯の勉強

カルシウム対策!

ヒメのダイエットを開始してから、ドッグフードを減量したので少し栄養素についてシビアにみるようになりました。
そこで気になっていたのがカルシウムの量。
犬は人間の24倍ものカルシウムを必要とするそうです。

なので、今月は手羽元を注文してみました。
実は以前に牛骨をあげた事があったのですが、ヒメは良く噛まないので血便を2回してしまい、骨をあげるのが怖くなってしまったんです。
その後は骨ごとミンチにしたものなどをあげていたのですが、ナイトはあまり食いつきが良くなくて・・・

・・・で、牛骨より鳥の骨の方がやわらかいって言う事を聞いたので、今回は手羽元に挑戦!
GENーMEATさんの所のミニチュアダックスのなつみちゃんが食べてるんだから大丈夫かな?なんて思って。。。

鳥の骨は危険だって良く聞くけれどそれは加熱した骨の場合で、生は問題ないそうです。
ただし、丸呑みしてしまう子などもいるそうなので飼い主が注意深く見ていられる時にあげると良いそうです。
ナイトは良く噛んで食べるけれど、ヒメはどちらかというとそのタイプ・・・(^_^;)

なので今回は凍ったままあげました。
b0003270_23234886.jpg

1本約60g、約120kCalです。
手羽元1本で1200㎎のカルシウムを補ってくれるそうです。

凍ったままあげると、骨に到達するまでに(肉を)良く噛むことを覚えるので、骨を丸呑みすることの予防に良いそうです。



b0003270_23283052.jpg
今回はナイトも食いつきが良かったです。
でも食べ終えるのにヒメの3倍はかかりました。(^_^;)
しかも満足してしまったらしく、その後はあまりご飯を食べなかった。。。
ヒメは2~3分で食べちゃったし・・・
これからはご飯の最後にあげることにしようっと!
[PR]
by knighthime1 | 2004-12-20 23:31 | ワンご飯の勉強

お肉について

今日はお肉についての勉強です。
肉の種類によってカロリーが様々なので上手く使えばきっとダイエットに役立つはず。(^o^)
同じ動物性たんぱく質を与え続けるとアレルギーを引き起こしやすくなるので、適度に食材を変えることが必要だそうです。

■牛肉 : 脂身の少ない赤身肉を与える。鉄分、亜鉛、ナイアシンが豊富。
カロリー(100gあたり) 
      肩      : 201kCal
      肩ロース  : 316kCal
      サーロイン : 317kCal
      もも     : 191kCal
*全て赤身肉

■羊肉 : 体脂肪を燃焼させるカルニチン、ビタミンB1、B2、ナイアシン、鉄分が豊富。
   マトンもも     : 224kCal
   ラム(子羊)もも : 217kCal

■馬肉 : 高たんぱく質低カロリー。ダイエットや高齢で食の落ちた場合に最適。
        鉄分やグリコーゲンが牛肉より豊富 
   赤身肉 : 110kCal

■鶏肉 : 他の肉よりビタミンAが豊富。逆に亜鉛や鉄分が少ない。
       骨付きで与えると補うことができる。
       皮にはコラーゲンが豊富。ビタミンCと一緒に与えると吸収率がUPする。
   若鶏ムネ肉(皮なし) : 108kCal
   若鶏もも(皮なし)    : 116kCal
   若鶏ささみ       : 105kCal
          ゆで    : 125kCal


■豚肉 : ビタミンB1の含有量が高い。鶏・牛の5~10倍。
       寄生虫の問題があるので火を通してから与える。(SPFは大丈夫)
       動物性食品の中で一番消化が悪い。与える時は発酵食品と一緒に。
   肩ロース  :151kCal
   ばら     : 434kCal
   もも     : 143kCal

b0003270_23272685.jpg

こうやってみると、当分は馬肉と鶏ムネ肉かささみがメインになりそうです。(´ー`)

参考書籍)
 五訂食品成分表2004
  (女子栄養大学出版部)
 もう迷わない!ペットの健康ご飯 
  By本村伸子(有限会社コロ出版)
[PR]
by knighthime1 | 2004-12-14 23:36 | ワンご飯の勉強

ダイエット食

昨晩よりヒメのダイエット開始~♪

ってことで、まずは基本に返ってカロリー計算から。

ヒメに必要なエネルギーは色々な本などにより、理想15㎏としたら900~1000kCal。

参考)必要維持カロリー(Kcal)=2×(30×体重+70)
    別冊 RETRIEVER 「愛犬の食事で困っていること解決します」

ってことで、目標一日900kCalに設定してみます。
これでダメならもうちょっと減らすか~。

ということで今日のワンご飯は

フード(リプリーズランチ)  70g : 240kCal
馬肉              70g :  77kCal
にんじん             50g :  20kCal
白菜              25g :   3kCal
春菊              25g :  6kCal
鶏軟骨            25g : 13.5kCal
牛乳             100㏄ : 69kCal
――――――――――――――――――――
合計  : 428.5kCal

とりあえずカロリーはこんな感じに落ち着きました。
でもちょっとカルシウムが足りないみたいです。
カルシウム:リンのバランスが1:1というのが理想なのですが、これだと1:1.5くらいになってます。
やっぱりカルシウムの添加か、Ca牛乳に頼らないといけないかな。。。

各々の栄養素量についてはまた今度。

とりあえずダイエットからってことで。。。(´ー`)
[PR]
by knighthime1 | 2004-12-13 23:10 | ワンご飯の勉強

ワンご飯の基本

b0003270_23293617.jpg

自分の頭の整理もかねてワンご飯について少し整理していきたいと思います。
なんて、ちょっとネタ切れ傾向(?)なのもあったりして。


<与えるご飯の基本>

  成犬のエネルギー要求量

 体重   エネルギー要求量
  5㎏       400Kcal
 10㎏       700Kcal
 20kg      1200Kcal
 30kg      1600Kcal
 40kg      2000Kcal

動物性食品:植物性食品=60%(90%までOK):40%

動物性食品
肉(牛、鶏、豚、ラム、馬、ダチョウ、ウサギ、カンガルーなど)、骨
卵、乳製品類、内臓類、魚など

注意点
・肉類は何日も同じ食材を与え続けると免疫過敏になりアレルギーを起こしやすくなる。
・骨は生で与える。(加熱しない)
・骨を与える場合は飼い主が見ていられる時に与える。(消化管を傷つけたり、喉を詰まらせたり、歯が折れることがまれにある)
・骨を与えすぎるとうん○が硬くなる(なりすぎることがある)
・内臓類(レバーなど)はビタミンA過剰になる恐れがあるので、毎日少量か週に1回程度にする
・卵は生で与える場合は卵黄のみ与える。卵白は火を通してあげる。
・カルシウムとして卵の殻を細かく砕いて与えることもできる。ビタミンCを加えると吸収率UP!
・牛乳を与えると乳糖不耐性の犬の場合は下痢をしたりガスを発生したりする。
 その場合はヨーグルトなどで代用する。(山羊ミルクなんていうのも売ってます)
・ヨーグルトを与える場合、空腹時に与えると微生物が胃酸で殺されてしまうので、食後などの満腹時に与える。
・チーズは塩分等の問題があるので、カッテージチーズなどが良い。


*写真はナイトと1歳年上のゴールデンのふうちゃん(♀)です。
[PR]
by knighthime1 | 2004-10-07 23:30 | ワンご飯の勉強
止まっていたナイトのアレルギーが今年の3月に再発しました、
それまでも生薬(SOD用食品)は飲んでいたのですが、効くのは3割くらいと聞いていたので、まぁ仕方ないなぁーーー。ダメだったのか。。。という気持ちでした。

それと同時に去年より早まって3月に出てきたということは「花粉、草木」の可能性も薄く、ハウスダストマイトや空気中のカビなどの吸引の可能性が高くなってきたことに気づきました。

一応掃除はちゃんとやってる(つもりだ)けどなぁーーー。
空気清浄機も買ったし掃除機もダイソン(英国アレルギー協会認定)にしたし。。。。
じゃぁ、どうしたらいいのよーーー!!!ヽ(`⌒´)ノ

と思っていたときあるネットショップで1冊の本に出会いました。
その本は獣医師の本村伸子という方が書いた「犬と猫のためのナチュラルケアシリーズ アレルギーと皮膚疾患 」という本です。
この本によると、犬や猫のアレルギーは体内の有害なものを排泄しようとして皮膚炎と言う症状として現れるということでした。
そしてDogFoodでは加熱処理されているために食物酵素の摂取が出来ないこと。
そのためには手作り食や生食、積極的なサプリメントを取り入れる方法があることを知りました。

でも、具体的にどうしたらよいのか、手作りといってもどうしたらよいのか、続けていけるのか?悩んでいたら獣医師の須崎恭彦という方の本「愛犬のための手作り健康食」という本を見つけました。
この本ではドッグおじやの作り方や移行プログラムの方法、具体的な食材の取り入れ方などが書かれていました。また手作りをはじめて皮膚炎などが治った犬達の実例も載せられています。こんなに手作りにするだけで治ってる犬たちがいるの?って言うのが正直な感想でした。
私が特に注目したのは「全て手作りというのが出来ない飼い主でもドッグフードにいくつかの食材を加える事により、有害なものの排泄を助けることが出来る」というところでした。
これならできるかも・・・。ダメもとでやってみるか。。。
そうして手作りへの挑戦が始まりました。

b0003270_2238533.jpg


まだまだ知識が足りなかったので、いくつかの本を読みました。
どの本にも書かれているのが、DogFoodの危険性。
長くなるのでこれはいつかまた書きたいと思いますが、今まで、完全食だと思って食べさせていたDogFood。
自分ではなるべく自然なもの、良いものを選んでいるつもりでしたが、考えてみたら原材料を全てチェックしていたわけではありませんでした。

今は最低限のNG項目をクリアーしたDogFoodにし、手作りを加える事により約4ヶ月湿疹は出てきていません。
治ったというわけではないかもしれませんが、昨年のサイクルを考えればうまくコントロールできているのだと思います。
全てのアレルギー性皮膚炎のわんこがこれで治るとは思いませんし、この方法がベストとも言いません。
たまたまナイトに合っていたのだと思います。
でももしかしたら、この方法が合うわんこも他にいるかもしれません。
食材をいつものFoodに混ぜるだけで何かが変わるならダメもとでやってみる価値はあるかもしれません。(^o^)

長くなりましたがナイトのアレルギー編、一応完結にします。

また機会を見て、DogFoodの話なども出来たらいいなぁと思います。
待てない方はsoloパパさんのsoLog「ドッグフードの原材料」をご覧ください。
[PR]
by knighthime1 | 2004-08-31 23:33 | ワンご飯の勉強
昨年10月の湿疹の後、1ヶ月経ってもナイトの湿疹は出てきませんでした。
その間も体質改善を目的としてずっと生薬は飲ませていました。
2ヵ月後、3ヵ月後・・・湿疹は出てきません。

あれ?治ったのかな?(→かなり願望度高し)

どちらかというと、去年湿疹が出てきた時期がちょうど6月の湿気の多い時期だったので、季節的なものの可能性が高いのではないかと思うようになりました。

ここで犬のアレルギー性皮膚炎について少し。
犬のアレルギー性皮膚炎はいくつかの原因に分かれます。
1.食物アレルギー(卵や大豆牛肉や豚肉など様々な食材が原因となります。)
2.ノミアレルギー(ノミが吸血する際に放出する唾液がアレルゲンとなります。)
3.アトピー性皮膚炎(環境中に浮遊している微細なアレルゲンの吸引、特に原因として多いのはハウスダストマイト:チリダニの糞、その他花粉やカビなど)

アレルギーとは免疫システムの暴走です。
体内に侵入してきた異物〈細菌、ウィルスなど〉を排除しようとする自己防衛反応が過剰に働き、本来は異物として捕らえないようなもの〈花粉やハウスダストなど〉にまで反応してしまいます。そして過敏になった免疫システムはヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質を吐き出し、これらが粘膜や気道などを攻撃し始めることにより、炎症を起こします。

犬の場合は、真っ先にその反応が皮膚に出るそうです。

ということで、この時点でナイトのアレルギーはアトピーか草木などに触れたことによる接触性皮膚炎であることが濃厚になってきました。
<接触性皮膚炎はシャンプー、室内の床材の磨き剤、犬小屋や食器の素材(プラスチックなど)、散歩中に触れる草木が原因となります。この場合は接触しないよう避ければ問題ありません。>

治っていたらいいなぁと願いつつ毎日のお腹チェック。
また暑くなったら出てきちゃうかなぁーなんてビクビクする毎日が過ぎ3月に入った頃、
あれ?ナイトの耳が赤い。。。(ナイトはお腹に湿疹が出来る前必ず外耳炎になります。)
もしや・・・
b0003270_230931.jpg

そうです湿疹が出来ていたのです。
すごいショックです。
覚悟はしていたものの、「まだ3月じゃん!!!」
病院へ行き、落胆する獣医さんと飼い主。(;_;)
このままだと「ステロイド投与は避けられないかもしれない・・・」と先生は静かに言いました。



||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||


長いので次回に続きます。ごめんなさい。 ( '_')D  --> 3へ


*これは私の経験に基づき、信頼できる本や教科書を基に自分の頭を整理しながら書いています。私はあくまでも専門家ではありませんので、ご考慮願います。
[PR]
by knighthime1 | 2004-08-30 23:20 | ワンご飯の勉強
今日は雨で外にも行けないので、ワンご飯について少し。
ワンご飯を作り始めたのはちょうどゴールデンウィーク頃。
ちょうど4ヶ月くらいです。
なぜ始めたかというと、きっかけはナイトのアレルギーでした。
b0003270_18325955.jpg昨年の6月頃、掃除機をかけていたら床屋に行ったような毛のタバがバサっと落ちており、なんだろうと思ってナイトを見たら尻尾の毛が一部ない。。。
毛が抜けた所は赤くジュクジュクしていました。


b0003270_18335082.jpg

すぐに病院に連れいて行き診てもらったら、ノミ、ダニ、寄生虫、カビが原因ではなさそう、食べ物の可能性は低いので、アトピーに近いと思われると言われました。
アレルゲン検査をして何が原因なのか突き止めることは出来るかもしれないが、ナイトのケースの場合、突き止めても排除できないようなものが原因の可能性が高い。


、、、ということで、かゆみ止めやヒスタミン、抗生物質、生薬などの投薬が始まりました。
薬を飲むと良くなるのですが、治ったと思ったら今度はお腹に湿疹が。。。
(それだけで医療費は毎月に2~3万でした。)

そして2週間に一度のお風呂。ミューズで洗って、ムトーハップで薬浴。
何とか2次感染を防いで、湿疹が広がらないようにと出来ることは色々やりました。
掃除機も買い換えたし、空気清浄機も買いました。
でも約一ヶ月サイクルで湿疹は繰り返し。
それが10月中旬でパタッと止まりました。


b0003270_18472070.jpg

          ナイトがお風呂嫌いになったのはこれが原因かもー。(^_^;)

次回に続く!( '_')D  -->2へ
[PR]
by knighthime1 | 2004-08-29 18:49 | ワンご飯の勉強