我が家のWANS&保護犬「バド」とのドタバタ生活日記


by knighthime1
カレンダー

<   2007年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

保護犬とランチタイム♪

今日は画像がいっぱいだよー!ヾ(@^▽^@)ノ

昨日は(ハピラブ)メンバーのリータンさん、junkoさん、祈さんとのランチタイム♪
我が家はまだワン抜きでの参加でしたが、お三方はそれぞれ保護犬のマシュー、米(ベイ)、奏太(かなた)を連れてきてくれました。

場所は三郷にある釜焼きピザ&生パスタのお店イタリア食堂nonoさん

b0003270_1433577.jpg
ワンコはテラス席だけだけど、ピザもパスタもなかなか美味しかったですよ~。
でもそろそろ外でのランチは寒くなってきたかなー。



b0003270_14344631.jpg
マシューはリータン家に来て約2週間です。
まだまだ若くてやんちゃ!
これからどんな事件を起こしてくれるか楽しみです。

あっ、食べ物で釣ったのがバレちゃった。



b0003270_1438329.jpg米はjunko家にやってきてまだ1週間。
飼い主放棄のチワワ(?)です。チワワって言う話だったんだけど、この毛質はポメだよね~?ってみんなで盛り上がっちゃいました。笑
ちょっとおどおどしている所はあるけれど、チワワ特有の気の強さも持っています。
コロコロして見えるけれど、体重は3.7キロ。体もほとんど脂肪がついてなくて結構やせてます。



b0003270_14411777.jpg
奏太は一度預かり宅が変わり、祈家に来て8ヶ月。
トリミングがまた面白くてカッコイイ!
画像ではわかりづらいんだけど、茶色い部分はそのままで白い部分が短くカットしてありました。
尻尾も三つ編みで3本に分かれてました。(ドレッド?笑)




b0003270_1444537.jpg
奏太のお尻に興味津々のマシュー。汗
マシューはまだまだ遊びたい盛りのようです。
ナイトやバドとも仲良くなれたらいいな。。。



b0003270_14461882.jpg
足も長くてかなりのハンサムボーイでしょ?
フィラリアは残念ながら弱陽性だけど、メチャメチャ元気!&パワフルです!
私的には宇宙たんを上回る事件を期待しております。爆





奏太はなかなか面白い個性の持ち主です。
保護されてから少し時間が経っているんだけど、まだ赤い糸が見つかっていません。
食事が処方食の必要はありますが、びっくりするような値段ではないようですし、他の健康上のトラブルはありません。
シーズーにしてはちょっと体が大きいけれど(8キロ)、とっても人懐こいし、明るくてメチャメチャ元気な良い子です。
そんな奏太に会いたい方は祈さんのブログにどうぞ!

・・・で、奏太っち、ちょっとお座りを勘違いしているようです。笑
その様子を動画に撮りましたので、良かったらご覧ください。
縦で撮っちゃったんだけど、どうやったら横にできるかわからなかったので(汗)、そのままUPしちゃいました。
見づらくてゴメンナサイ~~~。





b0003270_1511595.jpg
ランチの後はみんなでホームセンターでお買い物。
ここはヨーカドーやらホームセンターやら色々なお店が密集していて、大型ショッピングモールみたいになっています。
マシューだけは車でお留守番。



b0003270_1533332.jpg
最初ははじめてのカートに不安げだった2WAN。
奏太は興奮のあまり、皮膚が真っ赤になって白い部分がピンク色に。笑
でも最後はゴッキゲン♪になって、カートから乗り出して得意げなお顔をしていましたよー。

・・・と、帰る頃にはまたまた日が落ちて外が暗くなっていました。
ランチのはずが、家についた頃はディナーの時間になっておりました。汗
でも、たまにはこうやって情報交換(?)するのも大事なんだよね!
[PR]
by knighthime1 | 2007-10-31 15:08 | rescue

冬なのねぇ~。

暖かい時期はそれぞれ好きな場所でバラバラに寝ているナイトとヒメですが
最近はまたベッドを共有するようになりました。

b0003270_16464244.jpg

寒くなってきたってことなのねぇ・・・
冬が近づいてきてるってことなのねぇ・・・

数年前までは確かに壁があった2人
仲睦まじく眠る姿が毎年見られるようになるとは・・・!




そしてこちらも冬恒例の・・・
背後から変な音が聞こえてきたので振り返ってみると、、、
寒くなってきたので、毎冬恒例のアグアグ(カクカク)が始まったようです。 汗


去年(先シーズン)は結局マザーボールが餌食に・・・
1シーズンしか持たなかった。涙
[PR]
by knighthime1 | 2007-10-29 16:57 | Dog
バドたん、2回目のホリスティック治療の日の夕方に少しだけ吐きました。

少しだったのでそんなに気にしていませんでしたが、翌日の夕方も同じように少し吐きました。
それと同時に少し咳が増えているようにも感じました。

少し呼吸が荒い感じがします。 (でも、非常に元気です。↓)

b0003270_15204574.jpgバドたんはフィラリアの影響で肺に少し水が溜まっていて興奮したりすると咳が出ます。
空咳ではなく、「オェ」って感じの咳です。肺の水を出そうとしてこんな咳になるらしいです。
今までの所、咳に関しての投薬治療はしていませんでした。
最近は利尿作用のあるハーブやサプリを使って、我が家に来た当初よりは咳も減ってきたかな?と言う感じでした。




今回吐いたのはこの咳をした時に一緒に出てしまったような感じでした。
内容物も固形物がほとんどなく、お腹が空き過ぎての胃液と言うほどでもなく・・・
様子を見ていたのですが、翌朝少し症状が強くなっているような気がしたので、
万が一、夜間などに急性症状が出た時の対処法等を聞くために病院に連絡をしてみました。
ホメオパシー治療で出てきた症状なら良いけれど、心臓や肺のトラブルが悪化したとしたら命取りになりかねないし・・・


状態を詳しく伝えると、レメディの処方をするのですぐに取りに来るようにと言うことでした。
(我が家は近いので、そういう対応になったのだと思います。)
通常、解毒であれば主に下痢や皮膚症状、尿の色などに表れるので解毒ではない。
治療の過程で 体が正常化していく際に今まで出ていた症状(咳)や投与した薬剤(フィラリア治療)の影響が強く出ることがある。
ということで、一応「想定内(?)」に入る出来事のようでした。

今回処方していただいたレメディは↓の3種類を1日2回。 10/25

Filaria 30C  (フィラリア)
Lung mix    (肺症状)
Solidago 50M  (利尿)

投与した翌日から吐かなくなりました。
昨晩までは咳は鎮まるわけでもひどくなっている感じでもなかったのですが、
今朝起きてみると症状がだいぶ引いていました。
尿量が増えたような気がします。
食欲、元気もメチャメチャあります。

やっぱり先生の言う通りの『想定内』の出来事だったのかな?


b0003270_15211230.jpgもともとホリスティック治療を始める際に予想のつかない何かが起こる可能性があることは覚悟していました。
ホメオパシーの影響でバドたんの体にこの異変が起こったのだとすれば、体が治療に反応しているということなので良いことなのだと思います。

まぁ。今の所はメチャメチャ元気だし。(;^_^A




◆◆◆ SOSです! ◆◆◆
埼玉県川口市にあるキャバリアのブリーダーさんが廃業に伴いキャバリアの成犬の里親を緊急に募集しているそうです。
11月15日が期限とか・・・
詳しくは「シャインフィールド」さんのHPへ。
HPに載っている子以外でも募集しているそうです。
またか・・・ と言う感じですが、ご協力できる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。
[PR]
by knighthime1 | 2007-10-28 15:37 | バド

マイペース。。。(;^_^A

台風の影響のためか・・・



雨がザーザー降りだと言うのに・・・



b0003270_1457630.jpg
庭でボール遊びに明け暮れる
バカ長男。。。(;^_^A




b0003270_1533032.jpg

あっ、やっぱり
ガンコ爺の顔してる・・・
[PR]
by knighthime1 | 2007-10-27 15:07 | Dog
b0003270_157621.jpg前回の「バドたんのホリスティック治療」の続きです。

2回目のバドたんのホリスティック治療は今週の火曜日でした。

1回目の処方から2週間。
薬剤塗布も止め、レメディーの投与をしていった結果、
いくつかの発疹が出てきましたが、消えていくものもあり、
多少の痒み(乾燥)はあるけれど、掻き毟るほどでもなく、
予想より皮膚の状態も悪くなってはいない状態と言う感じでの受診でした。

2回目の受診した結果はこんな感じでした。

【2回目 10/23】
ヒゼンダニ(疥癬)の反応は出ませんでしたが、
ニキビダニ(アカラス)の反応が出ました。
2週間薬剤塗布をしなくても疥癬の反応が出ないと言うことは
現在バドを苦しめている皮膚症状の原因はニキビダニと思われる。。。

ニキビダニはうつらないので、
次の受診日(2週間後)に疥癬の反応が出なければWANSとの接触OK!

腎機能の低下はリカバリーできたよう。

カフェインの影響は消失。

精神状態を聞かれましたが、大きな変化は見られず。。。と思う。汗
2週間の間に軽い下痢症状が2回。(レメディによるものかはちょっと不明。)
水分の摂取量、尿量は大きな変化ナシ。(外トイレなので感覚)

【処方】
レメディ 4種類。
アミトラズ  200C :   朝晩2回(殺ダニ剤の解毒)
Canine demodectic mange 200C :  晩1回(ニキビダニ用)        
skin alopatic-D 500C : 3日毎に晩1回 (皮膚症状の緩和)
comb 12 Tissue Salts 9X:   晩1回 (栄養吸収サポート)  

レメディの投与により甲状腺などに影響が現れて「多動」が発言する可能性あり。
 →基本的に人と一緒の時は十分「多動」です。汗
  1人でお部屋にいる時は静かです。

皮膚症状がもっと悪くなってくる可能性あり。(解毒によるもの)
悪くなればなるほど解毒が進んでいるということなのでOK!


2回目の受診はこんな感じで終了しました。
[PR]
by knighthime1 | 2007-10-26 15:07 | バド
バドたんがホリスティック治療を開始して約2週間です。

ホリスティックの治療内容は普通の動物病院のやり方とは大きく異なります。

まずは普段使用しているケア製品や食事を持って行ったり、
保護してからの医療処置を含む経緯や生活環境などかなり詳しく説明します。
SCIOと呼ばれるコンピューター上のシステムにその内容を打ち込んでいきます。

このシステムはホメオパシー理論をベースに開発された、
生体エネルギーの測定&修正システムらしいです。
それからそのシステム上から出てきた情報を元にバドにとって必要と思われるものを選択、
Oリングテストを行います。

1回目の受診した結果はこんな感じです。

【1回目 10/9】
ヒゼンダニ(疥癬)、ニキビダニ(アカラス)の反応は出ず。
だいぶ皮膚が綺麗になっているので出ないのかもしれないと言うことでした。
また現在の発疹の原因は殺ダニ剤が原因であるかもしれないとのこと。

長期に渡る殺ダニ剤の使用により腎機能の低下が見られる。

カフェインの影響が強く出現。
カフェインは興奮させたり血圧を上昇させたりするので、
心臓に問題のあるバドのいる部屋でコーヒーは入れないこと。
コーヒー豆の保管、入れた後の出し殻の処理は密閉すること。
消臭用に置いている出し殻(?)なんかもダメ。

電磁波の影響が出現。
送電線の近くに住んでいないか?住んでいた事はないか?と聞かれました。
我が家は違うけど・・・
バリカン、ドライヤーはしばらく禁止。
バリケンが壁をはさんで冷蔵庫の隣にあるので少しでも壁から離すこと。

【処方】
今までの殺ダニ剤の塗布の治療を止める。
安全性の高いティーツリーシャンプーと皮膚症状が悪化した時の塗り薬。

レメディー4種類。
アミトラズ  200C :朝晩2回(殺ダニ剤の解毒)
coffeinum 200C :  晩1回(カフェイン解毒)        
Mag-carb 50M :3日毎に晩1回 (孤児のレメディー:精神の安定)
腎サ-P    200C:   晩1回 (腎機能を高める)    

ここで使用しているレメディーとは植物や鉱物などを高度に希釈した液体を小さな砂糖玉に染み込ませたものです。
これを直前に水に溶かして舐めさせます。
原物質のない程薄められているので副作用の心配はないと言われています。

b0003270_21445985.jpg
バドの体にどんな変化をもたらすか・・・?
ドキドキの1回目の受診はこんな感じで終了しました。

バリカンが禁止になったのでバドたんのデーモンテールが見られるのもあと少しです。

長くなったので2回目以降はまた次回に。。。
[PR]
by knighthime1 | 2007-10-25 21:45 | バド

見ぃつけた!

バドたんが殺ダニ剤の塗布を止めて10日ほど経ちました。
新たな発疹がいくつか出ておりますが、掻き壊すほどの状態にはなっていません。
疥癬のぶり返しなのか解毒の症状なのか注意深く見守りたいと思います。

b0003270_18352829.jpgバドたんはいたって元気です。
昨日の晩は茂みに顔を突っ込んだと思ったら何かくわえて嬉しそうに戻ってきました。
よーく見たら干からびたカエルさんでした~~~っ!
結構大きめ。鳥かと思った。
(どっちもヤダけど。汗)

おかぁちゃんの 「こらぁ!| `Д´|ノ」
の声に驚いてポトリと落としたバドたんでした。

よかったよ~。
素手で取り出す羽目にならなくて・・・o(゚д゚o≡o゚д゚)o


バドたん、なぜかその後テンション高かった。
獲物を見つけて得意だったのかな?

★追加★
コメントでリータンさんから犬がカエルを食べると中毒を起こすとの情報を教えていただいたので調べてみました~。
ガマガエルとヒキガエルはまずいらしいです。
みんな注意してね!
真ん中辺の「中毒」の所に記載あり。
[PR]
by knighthime1 | 2007-10-19 18:47 | バド

1年です。

預かりのお仕事をお手伝いさせてもらうようになって1年が経ちました。
長かったような、短かったような・・・

・・・ということは、超短期ステイ(2週間)で巣立っていった
もみじにも1年会ってないって事じゃない?

こりゃー会わねば!!!
ということで、昨日はもみたんに会ってきましたー!

b0003270_1191895.jpg
どう?立派な(ミニ)ゴールデンになったでしょー?
顔も少し丸くなったみたいでした。(*^-^*)
こうやって会ってみると、初めてのお留守番事件(?)だったり、オモチャに興味を持ち出したこと、少しずつヒメとの距離が縮まっていったこと。
昨日の出来事のように思い出されます。




大変だったけど、楽しかったなー。

やっぱり1年は短いや。(*`▽´*)

b0003270_1194444.jpg
あんなにガリガリだった腰周りもふっくら。
毛もフサフサになっていましたよ!



b0003270_1115155.jpg
相変わらずのまったり密着系♪
誰にでもそうだったからなぁ・・・(;^_^A
おかぁちゃんのこと覚えていてくれたのかなぁ?( ̄ー ̄;)ゞ
まぁ、幸せならどっちでもいいか。



b0003270_11164494.jpg
里親さんはもみじが家族になってからの2~3ヶ月はキッチンが荒らされたり、先住犬とガウガウがあったり、色々大変だったようですが、今は苦手だったゲージでのお留守番もできるようになり、だいぶ落ち着いたそうです。
その後もう1WANが家族に加わり、3WANのだいぶにぎやかなご家族になったそうですよ~。(*^-^*)



Uさん、昨日はお誘いいただいてありがとうございました。
もみたんの幸わせそうな姿に大きなパワーをもらいました。
きっと来年の今頃はバドの闘病生活を懐かしく語っていることでしょう!

またお会いできる日を楽しみにしていますね!
これからももみたんをよろしくお願いいたします!

*あれから1年、
むぎゅずママさん達は、亡くなった子達のお墓参りに行かれています。
この子達の分もレスキューされた子達みんなが幸せな毎日を送っていますように!
[PR]
by knighthime1 | 2007-10-15 11:31 | もみじ

後楽園!

今日はWANSを連れて水道橋の獣医さんへ。
やっと今年の狂犬病ワクチンが終わりました。汗

今年は疥癬の治療の為のイベルメクチン投与があったり、ナイトのアレルギーが悪化したり、レボリューションを投与するタイミングを図ったりでなかなか打つことができませんでした。
なんとか市が受理している期間中に打たねばと、滑り込みセーフかな。(確か受理するのは11月までだった。)

b0003270_226687.jpg
今日は待たずに診察してもらえたんで、終わってから後楽園(東京ドームシティ)へGO!
お約束のムーミンカフェでパンとにょろにょろパスタを買ってきたのでした。
ムーミンボールはもう製造していないんだって。残念!
たまには都会的なWANの写真を。。。と思ったんだけど、暗くて銀河鉄道の車掌さんが写ってるだけだった。汗



b0003270_21353341.jpg
・・・ヒメも。周りがなんだかよくわかりません。汗

そうそう。最近バドたん用のおやつをよく盗み食いされており・・・

2キロ近く太ってました。
要ダイエットです。汗



b0003270_21362349.jpg
今度は光っちゃった。
やっぱ黒ラブの夜の撮影は難しいなー。

先生にバドの治療についても相談したんだけど、やっぱり西洋医学的には外用薬で叩くしかないみたい。(ここにはバドは連れて行っていない)
ホメオパシー治療に切り替えたことを話したら、タイミングとしては良いんじゃないか?と言うことでした。



b0003270_21505141.jpgそして今日の晩御飯。
水道橋に行ったら量平寿司!
ここのお寿司はネタがいい!
本当はお店で食べたいんだけど、WAN連れではちょっと無理。
でもあきらめるなかれ!15分くらいでお持ち帰りを握ってもらえます。(*^-^*)
お店の方がとってもWAN好きでナイトもヒメもお店の外でたくさんナデナデしてもらいました。
[PR]
by knighthime1 | 2007-10-13 21:54 | わんとお出かけ

新たな試み

バドたん、疥癬と闘い始めて4ヵ月半を越えました。

だいぶ良くなっているものの発疹がゼロにならずに『治りました~!』の報告がなかなかできずにいます。
ここ1ヶ月ほどは発疹の数も10個程度。
でも、なかなか消えず。。。


当初の治療期間2~3ヶ月を大幅に越え、この発疹は疥癬なのだろうか?
別のものなのだろうか?と言う疑問。
このまま有機リン系の強い殺ダニ剤を塗り続けていたらバドたんの体はボロボロになっちゃうんじゃないか?
そんな不安が薬をつける度に増していきます。
「あとちょっと」そう思いながらもなかなか完治しない。
何とか手はないもんかと本やネットなどを調べまくってハピラブのメンバーさんに相談させてもらい、とうとうホリスティック医学を受けてみようと決意しました。

ホリスティック医学とは代替医療・統合医療とも呼ばれ、自然治癒力を高めることで不具合の生じた体の機能を正常化させる医療です。
西洋医学に基づく「対症療法」、症状に対するピンポイントの医療とは異なり、
身体の一部の症状だけでなく、心と身体全体に気を配り、バランスを整え、与えられた条件のもとで心身ともに最良の状態を保つためのケアを行います。

これによって沈静化した疥癬がまたぶり返すことも考えられるし、解毒を行うことによって皮膚症状が酷くなることも予想されます。
でも、これ以上殺ダニ剤をつけていたらバドたんの体がボロボロになっちゃう!

やらなかったらやらなかったで、もうすぐ治るかもしれないけど、
今の治療がバドの体にダメージを与えていることは確かだと思うし、
もしかしたら、バドの疥癬が治る日を今か今かと待っている希望者さんがいるかもしれない。
だけど、疥癬が治ってもバドの体にダメージが残ったまま他の病気になってしまったら意味がない。

もうしばらく病気と闘うことになって、色々不便をかけることになるけれど、ご了承いただければと思います。

b0003270_1495523.jpg
治療は小平にあるホリスティックの草分け的な病院、アカシア動物病院にてしていただくことになりました。
まずはバドがダメージを受けているものに対しての解毒をホメオパシーのレメディにて行います。

ちなみにカウンセリングの結果、バドのセラピーカラーは小豆色でした。(*^-^*)
なので小豆を食べさせるのがいいかもしれないということです。(早速炊きました。笑)



詳しい治療内容はまた改めてお話させていただきます。
[PR]
by knighthime1 | 2007-10-12 14:13 | バド