肉球クリーム作りました。

b0003270_1644255.jpg今日はお天気もあまり良くないし、お家でマッタリとリラックスタイム?
いやいや、リラックスどころじゃないって。(;^_^A

今日はあんまりリビングから席も外せないんで、珍しく2回目のUPしちゃうよ!汗



b0003270_16444174.jpg
でもまー、ヒト騒ぎした後のオトコ達はそれぞれマッタリしてくれるんで、ピッタリ付っきりじゃなくてもなんとかなるので助かります。

・・・ということで、庭でこっそり井戸端会議中のオトコ達。笑



話は変わって。
朝、マシューの前足の肉球を触ったらちょっとカサつきが気になった。

・・・ので、本日は肉球クリームを作っちゃいましたよー。

材料さえあればすぐに作れるので良かったら試してみてね。
b0003270_1648207.jpg材料
植物油 25ml(今回はホホバオイル15ml+カレンデュラオイル10ml)1種類でもOK
ミツロウ 3g
精油 4滴ほど
今回は ラベンダー、キャロットシード、ローマンカモミール
竹串(楊枝、ガラス棒などでも) 



b0003270_16483221.jpg植物油とミツロウをガラスの容器に入れます。
今回は熱に弱いカレンデュラオイルを使用したのでホホバオイルとミツロウを先に混ぜました。カレンデュラは皮膚や粘膜、血管の修復、保護をすると言われています。

植物油は他にスイートアーモンドやマカダミアナッツ、グレープシードオイルなどでもOKです。




b0003270_1649054.jpg
湯煎してミツロウを溶かします。

ブクブク沸騰させて容器が倒れないように注意!


b0003270_1655246.jpg

ミツロウが溶けたら湯銭から外します。




b0003270_16554569.jpg
カレンデュラオイルを加え、竹串で混ぜます。
ホホバやスイートアーモンド、マカダミアナッツ、グレープシードなど1種類のオイルで作る場合はこの作業はありません。




b0003270_16563881.jpg
温度が下がってくると少しずつ白濁してトロトロになってくるので、精油を加え、混ぜます。
今回はラベンダー(殺菌作用、癒傷作用、細胞成長促進作用など)2滴、ローマン・カモミール(皮膚軟化作用、止痒作用、抗アレルギー作用など)1滴、キャロットシード(細胞成長促進作用など)1滴を使用しました。




b0003270_17121819.jpg
消毒したガラスの容器に移して一月を目安に使用します。
(ホントは遮光性の容器が望ましい)
もうちょっと固めのクリームが良かったらミツロウを増やして下さい。



このクリームは目的によって精油を変えると色々と使えます。
カイカイにはより止痒作用の高いジャーマンカモミール&ラベンダー(&ティートゥリー;好みで)なんかの組み合わせも良いと思います。
精油の濃度は1%以下になるように調整してくださいね。(1滴=0.05ml)

肉球は触られるのが好きでないワンコもいるだろうし、軽いリラックスタイムを過ごしてもらおうと私はラベンダーやローマンカモミールを使用することが多いです♪

よかったらお試しあれ~!

*参考図書 
アロマテラピーのための84の精油
ペットのためのアロマテラピー
メディカルハーブLESSON
[PR]
by knighthime1 | 2007-11-06 17:31 | natural

我が家のWANS&保護犬「バド」とのドタバタ生活日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30